ケアプロストとドライアイ

ケアプロストは美容外科など、医療機関で処方しているまつ毛育毛剤です。
なぜ、病院でしか購入できないのかというと、このまつ毛育毛剤は医薬品だからです。

 

主成分「ビマトプロスト」の作用によって、まつ毛を長く、太く成長させる効果が期待できます。
マスカラやビューラー、つけまつ毛などで傷んでしまったまつ毛も、ケアプロストでケアする事によって、育毛する事が可能です。
医薬品という事もあり、育毛効果は絶大です。

 

ただ、ケアをしていて目が乾くといったドライアイの症状を、感じる方もいるようです。
ケアプロストは元々、緑内障の治療に用いられてきた点眼薬のジェネリック薬です。

 

緑内障は眼圧が高くなる眼病ですので、治療では眼圧を下げる点眼薬が用いられます。
正常な眼圧の方がケアプロストを目の中に入れてしまうと、眼圧が下がり過ぎてしまい、ドライアイを感じてしまうかもしれません。

 

まつ毛育毛剤と聞くと化粧品感覚で軽く使ってしまいがちですが、ケアプロストはあくまで医薬品です。
副作用が起こるリスクもある事を考慮して、正しく使いましょう。

 

まつ毛をケアする際は目の中に薬剤が入らないよう、まつ毛の根本にアイラインを引くような感覚で塗ると副作用を起こしにくいと言われています。