ケアプロストの原産国について

 

ケアプロストは、緑内障の治療薬やまつ毛の美容液として用いられる医薬品です。まつ毛の成長に期待が持てることから、女性を中心にその名を聞き実際に使用している方もいることでしょう。しかしケアプロストは、どれも原産国や製造国が海外ばかりであるという特徴があります。日本製の医薬品ではないため、使用の際にその信頼性に不安を抱く方も多いのです。では実際にどういった国が原産国であり、同時に信頼性はどうなのかについてご説明します。

 

ケアプロストの原産国には、インド・アメリカ・中国といった国があります。中でもインドは代表的な国であり、日本で出回っている多くのケアプロスト製品にも関連しています。アメリカに至っては製造がメインとなっています。比較的高価で購入を躊躇ってしまうような製品には、アメリカの名が入っていることも珍しくありません。ただ安全性や信頼性においては、アメリカ製のものが頭ひとつ抜き出ていると言えます。

 

これはしっかりとした臨床試験を行い、そのデータが詳細に公開されているためです。中国製のものは安く手に入りやすい製品が多く、美容目的で使用する場合はお試し感覚で手を出しやすくなっています。基本的にどこの国が一番いいということはありませんが、ケアプロストそのものに副作用もありますので個人で使用する場合には注意が必要です。