化粧前にケアプロストを使うメリット

 

ケアプロストは緑内障の治療薬として使用される点眼薬のジェネリック薬として商品化されたものです。

 

この点眼薬の副作用として毛が生えてくるという事例があり、最近では育毛剤やまつ毛美容液として使用するために購入される方もおり、実際に得られる効果が大きいということからジェネリック薬ならではの低価格もあり、ケアプロストは注目されるようになりました。

 

まつ毛の育毛剤として使用する場合は、目に点眼して使用するのでなく、綿棒などを用いてまつ毛の根元に塗布するというお手入れの仕方になりますが、タイミングは1日2回です。まつ毛自体に塗ってもあまり効果はありません。これから生える毛を長く太くするためにも生え際へ塗ることが最も効果的だといえます。

 

基本は朝晩の洗顔後に塗布しますが、特に朝の化粧前に使用するメリットは大きいのです。
夜の洗顔後や就寝前に使用することでももちろん効果はありますが、寝ている間に枕にこすれてしまったり、自ら目をこするような動作でせっかく塗ったものが剥がれてしまいます。

 

それに対し、化粧をした目元をこすることはしませんから、化粧前はケアプロストの成分を長持ちさせるためにベストなタイミングと言えるのです。